タイムカードのシステムは進化している!

subpage01

タイムカードは、紙製のカードで勤務時間を記録する媒体です。
労働者一人一人に配布され、タイムレコーダーに挿入することで時刻を記録します。



労働者の出勤した日付、出社時刻、退社時刻を把握して勤怠状況を管理するためのツールです。
19世紀のアメリカで初めて開発されたシステムですが、現代では企業に無くてはならないものとなっています。
従来のタイムレコーダーは時計とプリント可能なメカニズムを持ってましたが、近年は紙製のタイムカードは次第に見られなくなってきています。
勤怠管理システムは現代もどんどん新技術を取り入れ進化を続けています。
紙製のタイムカードではなく、社員カードなどのICカードを利用して取り込んだ情報をオンラインでセンターに送信し、全社員の勤怠情報を自動的に処理し一元管理できるシステムが構築されています。


指紋や静脈を読み取って個人識別が出来るリーダーがすでに開発されている他、声紋による読み取りも研究されています。

Yahoo!ニュースなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

個人識別をより正確に判定することで、第三者がなりすましで打刻するなどの不正な行為を回避することに役立ちます。



過労死やサービス残業が問題視されている現代社会では、労働環境の改善に役立つようなシステムの開発も待たれます。

規則だけを改善しても現場が変わらなければ労働者の過酷さは解決されません。


解決の最終手段としては監視カメラの導入もやむなしと考える専門家もいます。


悲劇を繰り返さないためにも適切な勤怠管理システムが必要です。